About ISE-KATAGAMI

伊勢型紙とは着物や浴衣などの布や紙、革などに模様を染める道具です。

〜伊勢型紙を紐解くの4つの鍵〜

.

1.なぜそんなことができるのか?


型紙一つ目の鍵は素材にあります。

伊勢型紙専用の型地紙は手漉き和紙と柿渋この二つの素材のみでできています。

3枚の紙の目を縦横交互に柿渋で貼り合わせ、天日干し〜燻煙そしてまた柿渋〜燻煙 を2回繰り返し2〜3年は寝かして使います。 手間と時間をかけ彫刻しやすく水に強く伸縮の少ない紙を作ります。 洗って何度も使える強さが染めの道具には必要不可欠です。


2. 精密で美しい彫りを生み出す鍵はその技法にあります。


型紙の産地鈴鹿市では江戸小紋を代表する 小紋柄を彫る高度な技術を特徴としています。錐彫・突彫・道具彫・縞彫の 四つの彫刻技法があり、それぞれの刃物作りからの修行。彫師は主に一つの技法を生涯かけて修行します。 技法を絞って突き詰めるからこそ生まれる高い技術なのです。


3. 伊勢型紙とジャポニズム


型紙の歴史は古く、室町時代末期の絵図に載っています。全国の染屋で使われた型紙の一部は浮世絵と同じく海を渡り、アールヌーボーやアーツアンドクラフツなどの芸術運動に多大な影響を与え日本の文様文化を象徴する型紙のデザインが壁紙や食器など様々なものを彩りました。3番目の鍵はその模様の力です。


4. 最後の鍵は型紙を正確につなぐ染めの技。


遠目に無地。近くで見ればその繊細な模様に驚く染め物「江戸小紋」は武士の裃が発祥。1ミリも無い小さな点を覗いて型紙を置き、駒ベラで均一な力で糊を付け柄をつないでいく息の詰まる作業を着物一反で何十回も繰り返します。継ぎ目を感じさせない高度な染めは流れるような手さばきも美しくまさに神業です。



川上を辿れば紙漉きや柿渋農家や型地紙作り、
川下は紗張りや染めや和裁など、
たくさんの熟練の技を連携させ出来上がる一つの染物は自然と手仕事の結晶です。これからも暮らしの中で大切に使い続けていただくことで後の世につなげたいと願っています。